広島の転職情報

広島県では、近所に住む人たちがお互いに助け合いながら生活が行えるような地域の取組みが行われています。

その1つが、お茶の間ふれあいサロンです。

お茶の間サロンとは、近所の人が交流の場で話をしたり、お茶を飲んだりする、まさにお茶の間のようなふれあいサロンです。

特に毎回のようにイベントやおもてなしはありません。

このお茶の間で近所の人たちが、日常的に声をかけることで自然に近所の人どおしが見守り、助けあい活動が行えるようになります。

このような助け合い活動と、公的なサービスを組み合わせることで、ちょっとした困りごとを解決し合える仕組みをつくっています。

また、お茶の間ふれあいサロンを導入したことにより、ご近所どおしが気軽に挨拶や話ができるようになり、引きこもりぎみであった人が外出するようになったり、元気になった等の声もあがっています。

更に、お茶の間サロンに参加しなかった際に、心配して訪ねてきてくれたなど参加できない人も地域のみんなで支えあうことができています。